« 2011年3月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年5月

2011年5月13日 (金)

香川紀行3

丁字路に突き当たると、
そこは土産物屋街になっていた。

木刀、菅笠はもちろんのこと、
どこの観光地にもあるが何の記念にもなりそうもない、
変なキーホルダーやストラップ。

そんな浮かれグッズに興味はないのだが、
観光地にたまに置いてある「ご当地ピンズ」にめっぽう弱い。

琴平の土産物屋街に、四国版の「ご当地ピンズ」があるという情報を事前に調べておいたので、いそいそと硬貨を投入。

結果、「よさこい祭り」、「阿波踊り」、「高知城」という
香川とまったく関係のない旅の思い出を手に入れた。

本当は「さぬきうどん」か「金毘羅船」を狙っていたのだが、
まあ、仕方あるまい。

***
さて、そんなこんなで小腹もすいてきたので
手近なうどん屋に入る。

見よう見真似、慣れない感じで釜玉を注文する。

Dsc01363

普段、カトキチの冷凍うどんくらいしか食べないので、
うどんがやけにツヤツヤしているように見える。

まるで大理石のような白い輝きである、というのは言い過ぎだが、
生卵のヴェールを纏って、艶っぽいことこの上ない。

一緒に渡されたうどん専用の醤油をチョロっと掛け
全体をざっくり混ぜ合わせると、
白いうどんがみるみる黄色く染まってシズル感を増していく。

食べてみると、うどんが美味しいことに驚く。
うどんそのものに、何だか力がある感じ。

うどんそのものが強いから、
卵と醤油をかけただけ、という戦後のご馳走みたいな
シンプルな食べ方でも美味しく食べられるのではないか、と思った。

| | コメント (0)

2011年5月10日 (火)

香川紀行2

駅前に出ると、向こうの方にこんもりとした山が見える。
きっと、あっちの方に金毘羅さんがあるのだろう。

とりあえず、駅から真っ直ぐ伸びる道を進んでみると
ほどなく、右手に何やら巨大な建造物が見えてくる。
Dsc01359

高さ日本一と言われる、高燈籠である。

堅牢な下部の石垣と、ややアンバランスな上部の楼閣。
歴史を感じさせる佇まいであり、唐突に現れるので存在感も大きい。

そんな歴史のロマンを感じながらも、
「でも、どっかドラクエっぽいなー」と思う。

暗くぽっかりと口をあけた入り口から内部に入る際の、
「ザッザッザッ」という効果音が幻聴として聴こえてくる。

きっと、頂上に住み着いた魔物を倒すイベントがあるはずである。

・・・未だに、何かにつけてドラクエになぞらえてしまう自分がいる。

もう、ゲームなんてやらなくなって数年経つのだが、
三つ子の魂百までとはよく言ったものである。

しかし、この高燈籠、内部に入ることが出来るなら入ってみたいな。

***
その後、映画セットのはりぼてのような商店を見つけて歓喜する。

Dsc01362

多分、以前は後ろのサラ地の部分に建物があって、
やむを得ずこうした形になったのだと思われるが、
強風が吹きつけたら、パタッと倒れてしまいそうである。

二階部分がどうなっているのか気になる。
ここも、内部に入ることが出来るなら入ってみたい。

| | コメント (0)

2011年5月 9日 (月)

香川紀行1

ゴールデンウィークに香川に行ってきた。
噂に名高い釜玉とやらを堪能し、金毘羅参りをしようという魂胆である。

金毘羅参りをチョイスする辺り、
三十代半ばとしてはかなりの渋さを醸しだしているが、
気になって今調べてみたところ、
2009年のゴールデンウィークには
豊川稲荷の春季大祭に行っていた。

抑圧された何かが、俺をゴールデンウィークに
神社仏閣へと向かわせるのだろうか。

***
金毘羅さんのある琴平へは、名古屋から新幹線で岡山まで行き、
そこから特急に乗り換え、瀬戸内海を越えて香川へ。

部屋に積んだままになっていた文庫本を旅のお供に、
約3時間で到着。

駅員による手動改札を抜けて外に出ると、
駅前のロータリーに配置された、これ見よがしな狛犬と灯篭、そして噴水。

Dsc01358

地方都市の駅前かくあるべし、というテンプレートな光景に
何だか嬉しくなる。

こういうのを見ると、
「ああ、旅行に来たんだな」という気分になる。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年12月 »